初期(Early Line)

初期のころは三彩焼や青流し白流しなどの模様を施したものは希少なために、お寺や上級武士から注文があった時にだけ施し普段は模様の無いものが多く作られていました。登り窯で焼く時に釉薬がどこでも溶けるために普段使いの器には理にかなっている釉薬の施し方であります色味はシンプルですが型は洗練されています。