第18回 次郎太窯 窯元祭り 中止のお知らせ‼

令和2年6月12・13・14日の3日間、次郎太窯工房にて開催予定しておりました窯元祭りは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催を中止することとなりました。

1年に1回の窯元祭りで毎年沢山の方にお越しいただき私共といたしましても苦渋の決断ではございましたが皆様の命と日常をお守りするため今回は中止する運びとなりました。

この見えないウイルスとの闘いが終息した暁にはまた何か皆様に還元できればと考えております。

 

龍門司焼次郎太窯 12代陶工 川原輝夫


薩摩三大古窯の「龍門司焼 次郎太窯」

慶長三年(1598年)島津義弘が朝鮮の役を終え朝鮮人陶工を連れ帰りました。その中の1人であった芳仲は加治木で龍口坂窯を開きました、これが龍門司焼の原点とされています。
約四百年の歴史を誇る龍門司焼は多彩な釉薬・技法を用いる窯で特に釉薬の調合は一子相伝により受け継がれております。
その中でも昭和39年、龍門司三彩が県の無形文化財に指定され、父・川原軍次が陶業界第壱号の技術保持者として認定され昭和45年に現代の名工に選ばれました。その後、釉薬調合は私(川原輝夫)だけに引き継がれ現在、次郎太窯だけで守られております。

                                                          展示室

窯元祭り


一子相伝の釉薬

 現在、無形文化財は技術保持者の死去に伴い返納されております。

しかし文化財であった三彩をはじめ龍門司焼の釉薬の技術は一子相伝

 により川原輝夫ただ1人にだけ受け継がれており現在守られております。


令和元年・東京有楽町かごしま遊楽館・次郎太窯展